合宿免許の選び方トップページ

合宿免許の選び方トップページ

合宿免許とは、自動車学校(自動車教習所)が用意した宿舎に宿泊して滞在しながら、効率よく集中的に自動車教習を受けることで、短期間で卒業することができるシステムです。

ひとくちに合宿免許と言っても、たくさんの教習所があります。

  • 普通車/自動二輪/両方がほしい。
  • AT/MT/準中型がほしい。
  • 行きたいエリアが決まってる(決まってない)。
  • 入校希望日が決まってる(決まってない)。
  • 部屋のタイプ(シングル、ダブル、トリプル、相部屋など)
  • 性別(男性/女性向け)

さまざまな希望を解決するには、合宿免許の専門サイトで診断を受けるのが一番です。
良い教習所が見つかり、ひとりひとりに合った合宿免許が受けられます。

全国から選べる「合宿プラン診断」を利用する

合宿免許の選び方

免許合宿ライブ

合宿免許プラス

合宿免許ドリーム

合宿免許受付センター

教習所ドットコム

ユーアイ免許

合宿免許の申し込み

合宿免許の基礎知識

合宿免許で大型二輪

合宿免許の宿泊先と食事は

合宿免許の場合、宿泊して滞在する宿舎は、教習所が直営する宿泊施設とは限らず、一般のホテルや旅館、ペンション、マンションなどを教習所が用意する場合も幅広く見られます。

宿泊プランは、主に友達やグループで申し込む方を想定した相部屋プランや、1人でも気軽に申し込めるシングルプランを用意する教習所がほとんどです。なかには、友達の卒業が延びた場合、友達の卒業を待って一緒に帰ることができるフレンドプランを用意した教習所もあります。

合宿免許の食事は1日3食ともついていて、合宿免許の料金に込みというプランが一般的です。その一方、食事付きではなく宿泊先だけを提供することで、費用を低く抑えられる自炊プランを用意した教習所も少なくありません。

このほか、合宿免許では、女性専用の教習プラン、女性専用宿舎などもありますし、1人でも2人以上の友達同士、あるいはグループでも申し込みやすいさまざまなプランと宿泊先を用意しています。

短期で運転免許が取れる

合宿免許の自動車教習なら、最短で、普通車ATなら13~14日間、普通車MTなら15~16日で卒業することができる教習所が一般的です。学生の方や社会人・フリーター・主婦の方が、まとまった休みを利用して短期間で免許取得を目指すのに最適といえます。

どうして合宿免許が一般的な通学制よりも短期間で済むのかといえば、あらかじめ入校から卒業までのスケジュールがしっかり組まれており、原則として毎日教習が受けられるからです。

通学で自動車学校に通う場合、キャンセル待ちなど予約状況によっては希望通り教習を受けられないこともあり、時間や手間がかかります。この点、合宿免許なら、最短日数で学科教習と技能教習を効率よく組み込まれ、いちいち予約を取る必要がありません。

なお、最短卒業目標は教習所によって異なります。また、入校する方が多い時期やシーズン、教習が順調に消化しやすい天候などにも左右されるといえます。

もちろん、最短卒業日数は、教習が順調に進んだ場合を想定した数字であり、個人差は出てくると思います。とはいえ、多くの方は、通学制の教習所に通うよりも、短期間で卒業することができており、予約を取るなど手続きの煩わしさが無いメリットがあるといえます。

合宿免許の費用は込み込みが一般的

これとは逆に、車の運転に自信が無かったり、最短卒業日数で終えられるか心配だという方も少なく無いと思います。こうした方は、後述通り、卒業まで一切追加料金がかからないという教習所を選ぶと良いでしょう。

合宿免許のメリットには、あらゆる料金がパックになった教習所が一般的であり、追加料金が一切不要(またはごく一部に限る)という自動車学校が多く見られる点が挙げられます。

具体的には、合宿免許の料金には、教習費用、宿泊料金、食費が込み込みで、自宅から教習所に出発して帰るまでの往復交通費まで負担してくれる場合が一般的です。さらに、技能補習や検定料金まで込みだったり、再検定や延泊料金など、追加料金が一切かからない教習所も数多く見られます。

実際にどこまでがパック料金に含まれるかや、交通費の支払い条件、追加料金や自己負担が別途発生する場合など、詳細は教習所や申込みプランによって異なります。その一方、合宿免許の多くは、こうしたさまざまな費用や料金の全部または大部分をパック料金として含めているところが一般的といえます。

往復の交通費に関しては、自宅と教習所の間で指定された経路の公共交通機関を利用した場合の交通費を支給するところが一般的です。または、支給上限を設けて、これを超えた部分は自己負担とする教習所が多く見られます。

合宿免許は料金自体もリーズナブルですが、それだけでなく、早割、グループ割/団体割、学割、女性割など、さまざまな割引制度が充実しています。特に、期間限定のキャンペーン料金や、ウェブサイト上から申し込むことで受けられるWeb割もおすすめです。

合宿免許では、万が一の事故に備えて、国内旅行傷害保険の費用も込みというところも少なくありません。また、教習所によって、プレゼントなどのオリジナル特典を提供するところもあります。

合宿免許では、あらかじめ設定された規定時間を超えてしまっても、再検定の費用、延泊料金、補習など、追加料金が一切かからないというところもあります。先述通り、車の教習に不安を感じる方や、最短日数で終える自信の無い方は、こうした教習所を選ぶと良いでしょう。

入校から卒業→免許取得まで

合宿免許の教習所をさがすなら、まずは全国各地で合宿免許を実施している自動車学校を網羅した専門のポータルサイトで教習所を探してみましょう。さまざまな希望や条件、キャンペーンなどで絞り込むと、自分にあった教習所が見つかるはずです。

教習所が決まったら、申し込み手続きを済ませ、入校となります。合宿免許の場合は、入校日から教習が始める自動車学校が少なくありません。

自動車教習所では、学科教習と実技教習が行われます。実技教習を教習所のなかで行うのが第1段階で、実際の路上で行うのが第2段階です。実際の路上は公道ですから、仮免許が必要であり、第1段階を終える時点で修了検定を受けて仮免許を取得する必要があります。

第2段階を終える時点で、自動車学校の卒業検定を受け、これに合格して卒業証明書を受ける必要があります。教習所を卒業したら、1年以内に住民票のある都道府県の運転免許試験場で適性検査と学科試験を受け、合格したら本物の運転免許証が受けられることになります。

教習所の卒業証明書は有効期間が1年であり、これを提出すれば、本免許を受ける際の技能試験が免除されるというわけです。この自動車教習所は、各都道府県公安委員会の指定を受けている必要があります(いわゆる公認校)。

ここまで、合宿免許とは何かや、一般的な運転免許を取る方法をざっくりと見てきました。当サイトでは、合宿免許と運転免許に関するさまざまなポイントを詳しく取り上げており、これから免許を取ろうと考えている方の参考になるかと思います。

全国から選べる「合宿プラン診断」を利用する

合宿免許は、普通車/自動二輪/両方、AT/MT/準中型、行きたいエリア、入校希望日、部屋のタイプ(シングル、ダブル、トリプル、相部屋など)、性別で絞り込むのが、賢い選び方です。

合宿免許ドリームの「合宿プラン診断」では、こうした質問に答えていくだけで、自分に合った合宿免許の教習所を検索できます。

診断は1分で終えることができ、検索結果から検討リストに入れたり、仮申し込みから入校手続きまで行うことができます。

全国対応の合宿プラン診断

スポンサーリンク
スポンサーリンク
合宿免許の選び方