合宿免許受付センターのポイント

今回は、合宿免許受付センターのポイントを取り上げます。合宿免許の教習期間や費用の内訳、合宿中の食事、宿泊する部屋などを取り上げます。

合宿免許受付センターの教習期間と費用の内訳

で申し込んだ教習期間は普通車の場合、最短でAT13日間・MT15日間という超短期間を提供する教習所が多数掲載されています。効率的な教習スケジュールにより、最短でスムーズな卒業が可能です。

その一方、合宿免許受付センターにおける教習費用の内訳は、教習費用(検定料も含む)、往復交通費(指定区間)、宿泊費用、食事(1日3食)がすべて込みです。あんしん傷害保険(国内旅行総合保険)はプラス1,000円のオプションとして、申し込み時に選択できます。

もちろん、どうしても最短期間で卒業できなかった方も出てきます。その場合、延長に関して追加費用がかかる教習所もあります。その一方、合宿免許受付センターでは、教習期間の延長となった場合でも、追加費用がかからない教習所も数多く掲載されています。

の合宿プランは、1日3食付きのプランだけでなく、宿泊先での自炊や外食を前提とした食事なし、あるいは、1日1~2食付きのプランもたくさん明示されています。これらのプランも、教習費用をより安く抑えることができます。

合宿免許受付センターで宿泊する部屋プラン

で宿泊する部屋プランは、1人での参加、カップルや友達同士など2人組、グループや団体での参加まで、幅広く提供しています。このうち、1人での参加プランは、教習所の専用宿舎または提携する宿泊施設を選べます。

1人での合宿免許なら、教習所の専用宿舎や校内宿舎に泊まる「校内シングルプラン」、または、女性でも安心のホテル、リゾートマンション、ペンションのバス・トイレ付きシングルルームに泊まれる「ホテル・マンションシングルプラン」まで用意されています。

カップルや友達同士など2人組なら、やはり教習所の専用宿舎を使う「校内ツインプラン」、リゾートマンションやペンションのツインルームに泊まる「マンションツインプラン」、都市型ホテルやビジネスホテルのツインルームに泊まる「ホテルツインプラン」があります。

さらに合宿免許受付センターでは、3人以上のグループや団体にも対応します。校内宿舎・リゾートマンション等2~6人部屋で、学校の専用宿舎または一般のホテルや旅館・ マンションなどを使う「レギュラープラン」、ホテルまたは直営宿舎やペンションの3人部屋に泊まる「トリプルプラン」を用意しています。

このようにでは、さまざまな地域や車種から選べるだけでなく、食事の有無や部屋のタイプ、合宿する人数に応じて選べる合宿免許プランを非常に数多く提供しています。

→に行きます。

タイトルとURLをコピーしました