合宿免許は1人でも大丈夫?

合宿免許は1人で参加しても大丈夫か?、と思われる方も多いと思います。ネット上の口コミを見ても、1人で参加すると浮いてしまうのではないか、人見知りでも大丈夫か、教官や生徒のなかに怖いひとがいるのではないか、女性が1人で行くのは危険ではないか、といった書き込みも見られます(合宿免許を口コミから選ぶ?)。

他人との相部屋(レギュラー)やグループ部屋が嫌なら、1人部屋(シングル)を選んで自分1人の時間を大切にすべきです。また、合宿免許の場合、1人1人の時間割を教習所側が決めることも多く、1人ぼっちなのはみんな同じですから、過剰に気にすることはありません。

ガラの悪い生徒を見かけたという情報は教習所にもよりますが、運転免許という国家資格を取得するために来た方で、他人に迷惑をかけるような方はいないと思います。教習所に申し込むようなひとは、たとえ外見に難があっても基本的な社会性は持った方だと思います。

教官の評判については、以前は教習所(自動車学校)の教官といえば、暴言を吐いたり、指導力が欠如していたり、無言できちんと教えてくれないなど、悪いイメージを持たれたところも多かったと思います。

運転免許の取得希望者が多く、ほうっておいても生徒が集まる時代には、教習所も殿様商売のようなところがあって、集まる生徒や教官の評判が悪かったり、喧嘩や盗難、ナンパやセクハラといった問題が多い教習所も少なくなかったと思います。

しかし現在では、人口減少社会に加えて若い方の車離れも言われており、運転免許を取得する需要も増えてこないなか、教習所もより多くの生徒を確保するため、教官の質の向上や、教習所の雰囲気づくりに力を入れています。

合宿免許を1人で申し込むことには、何の問題もありません。1人部屋を選ぶことが無難な選択といえますし、女性の方はレディースプランなど女性限定の合宿免許がおすすめです。教習所側も、問題のある生徒は退学処分にするなど、厳正に対処するところがほとんどです。

なによりも、これだけインターネットが普及した時代であれば、合宿免許といえども、良い評判も悪い評判もすぐに拡散します。これだけネット上の口コミが広がる時代では、合宿免許=ガラが悪いというところは、ごく一部の教習所に限られているといえます。

どうしても気になるところがあれば、一度その教習所の名称で検索してみましょう。自分が考えている教習所の評判や口コミ情報を、前もってネット上で検索しておくのも、賢い利用法だといえます。

1人で合宿免許のメリット・デメリット

1人で合宿免許を申し込む場合、とにかく周囲に気兼ねせずに教習が受けられるというメリットがあります。友達と相部屋やグループで申し込んで、自分だけ検定に落ちて、気まずい思いをするといったリスクがありません。

また、合宿免許にかぎらず、1人で行動することは、何かと気楽です。知らない環境に飛び込んで、知り合いなど周囲の目を気にする必要がありません。特に1人部屋なら、学科試験の勉強もプライベートも好きなようにできることが大きなメリットといえます(合宿免許に空き時間はあるのか?)。

その一方、1人で合宿免許を申し込むと、食事や洗濯、空き時間などもすべて、自分1人で済ませていくことになります。1人で生活することに慣れている方なら問題ではありませんが、友達と相部屋のほうが良かったと思う方も出てくるかもしれません。

人見知りだが浮いたりしないだろうか?

よく言われることですが、人見知りだが合宿免許を1人で参加しても大丈夫か?、とか、たった1人で合宿免許を申し込んでも浮いたりしないだろうか?、と思われる方も少なくありません。

こう思われることに対しては、合宿免許はそう思うよりはずっと気楽なところだと言うことができます。もちろん、運転免許という資格を取るために、学科の勉強も技能の習得も必要ですが、過度に他人の目を気にする必要はありません。

まず、合宿免許の場合、学科教習は配布されたテキストをもとに教官の話を聞く授業であり、技能教習は教官と生徒が1対1という形で受講するのが基本です。教習以外の空き時間でも、1人部屋を選んでプライベートな空間と時間を確保すれば、浮いてるのではないかと気にすることも無いと思います。

そもそも合宿免許の場合、入校から卒業までの教習のスケジュールは、教習所側が1人1人あらかじめ決めているところが少なくありません。生徒さんはそのレールに沿って受講すれば良い教習所が多く、1人ぼっちなのはみんな同じともいえます。

たとえ人見知りであっても、合宿免許を1人で申し込むことを遠慮する必要は全くありません。浮いたりするということもありませんし、1人部屋さえ確保できれば、怖いということも無いはずです(合宿免許のおすすめポイントは?)。

女性限定のレディースプランがおすすめ

合宿免許の教習所では、生徒を女性に限定し、宿泊施設も女性の受け入れのみに限定したレディースプランを提供するところが増えています。なかには、女性専用の宿泊施設を自前で所有している教習所や、女性だけしか申し込めない教習所も登場しています。

運転免許を取得するための教習内容は、全国どこで受けても同じです。女性1人で合宿免許を申し込もうと思えば不安もつきものですが、こうした女性限定のプランは、プライバシーとセキュリティを両立させた安心のプランといえます。

合宿免許では自宅から教習所までの往復交通費を負担してくれるところが一般的です。提携している全国の教習所から自分の希望に沿った合宿免許を探せる検索サイトを活用することで、こうした女性限定のプランを見つけることができます。

タイトルとURLをコピーしました