合宿免許の最短期間

今回は、合宿免許は最短期間で卒業できるのか、期間延長はどんな場合に生じるのか、どれくらいの方が最短期間で卒業しているのかなど、合宿免許の期間について取り上げていきます。

合宿免許の最短期間は何日か

まず、合宿免許の一般的な最短期間は、普通車ATで14日間(13泊14日)、普通車MTで16日間(15泊16日)です。

これは道路交通法によって、取得する車種に応じて定められた最短教習時限数をクリアする必要があるとともに、技能教習には1日に受けることができる最大時限数が決まっていることから、どれだけ短い期間であっても、2週間前後という最短日数が算出されます。

免許交付は免許センターの試験を受けてから

「自動車教習所(自動車学校)を卒業すれば運転免許がもらえる」と勘違いされている方が多く見られます。実際には、教習所を卒業したあと、自分の住民票がある住所の運転免許センター(運転免許試験場)で所定の試験を受け、それに合格した方は運転免許がもらえます。

つまり、自動車学校に入校してから運転免許を受け取るまでの最短期間は、自動車学校を卒業するまでの最短日数プラス運転免許センターでの試験ということになります。

なお、運転免許センターの運転免許試験は平日のみであり、土日祝日は行っていません。試験自体は1日で済みますが、自動車学校を卒業後、速やかに試験が受けられるよう、スケジュールを考慮しておくことが重要です。

合宿免許の日程の内訳

自動車学校では、実際に運転を行う技能教習と、運転や交通規制に関わる知識を学ぶ学科教習を受けます。どちらの場合も1時限(1コマ)の教習は原則として50分です(修了検定、仮免試験、卒業検定はそれぞれ1時間以上~2時間かかります)。

また、運転免許教習は第1段階と第2段階にわかれ、それぞれ技能教習と学科教習が課されます。この違いは、技能教習が第1段階は教習所内なのに対し、第2段階は路上教習(公道)ということです。

第1段階の教習を終えた方は、修了検定と仮免試験を受けて合格することが必要です。第2段階を終えた方は、卒業検定を受けて合格することで卒業証明書が交付されます。

普通車の場合、第1段階は技能教習15時限(コマ)(普通車ATは12時限)と学科教習10時限、第2段階は技能教習19時限と学科教習16時限を受けることが必要です。このうち、学科教習は1日に何時限でも受けることができます。

その一方、技能教習は1日に受講できる時限数に制限があります。第1段階では2時限まで、第2段階では3時限まで(3時限連続で受講はできない)と定められています。

技能教習をこれに当てはめると、第1段階で毎日2コマづつ受講してもMTなら15コマ必要なので8日間、ATなら12コマ必要なので6日間、第2段階では毎日3コマづつ受講しても19コマ必要なので7日間必要となります。

このように技能教習を考慮すると、MTなら8日間+7日間で15日間、ATなら6日間+7日間で13日間が教習に必要な最短期間ということになります(学科教習は1日に何コマ受けても構わないため、最短期間を左右するものではありません)。

ただし、これだけではなく、第1段階終了後の修了検定と仮免試験を1日で受け、第2段階終了後の卒業検定を1日で受けるため、実際にはこれプラス2日分、つまりMTなら17日間、ATなら15日間と考えられます。

ここで、第2段階の技能教習は19コマ必要で1日3コマが受講できる上限です。つまり、1コマ受講して残り18コマを3コマ×6日間で受ける計算になりますが、この最初の1コマを、第1段階終了後の修了検定と仮免試験を受けて合格したその日のうちに受ければ、教習期間を1日短縮することができます。

これができる教習所なら、MTなら16日間、ATなら14日間が最短期間となります。一般的に合宿免許で最短期間を告知する場合、このケースを想定しています。

最短期間で卒業できなかった方の原因

この最短期間で合宿免許を卒業できなかった方の原因は、一時帰宅、検定や試験の失敗、スケジュールの消化不足が挙げられます。

一時帰宅の場合は、合宿免許の期間中に体調不良を起こしたり、仕事・学校や家族の都合などでどうしても教習所を離れる必要が生じた場合に見られます。一時帰宅の場合、教習料金や教習分などの対応は教習所によって異なります。念のため、申し込む前に確認しておきましょう。

また、技能検定や学科試験が不合格で、再検定や再試験を受けることになった場合も、それだけ教習期間が延びてしまいます。どちらの合格率も90%は超えており、大半の方は合格するのですが、どうしても技能不足や理解不足という方が数%ですが出てきます。

このほか、意外によく見られるのは、教習スケジュールの消化不足によって、最短期間で教習を済ませられなかった場合です。教習時間は厳密に決まっており、寝坊、遅刻、勘違いは厳禁といえます。

最短期間で卒業できる確率は

合宿免許が想定している最短期間で卒業している方の割合は、普通車ATで9割、普通車MTで8~9割と言われます。1割程度の方は、一時帰宅したり、教習の消化がうまく進まなかったり、検定に落ちて再検定を受けるといったケースが出ています。

合宿免許の場合、最短期間で卒業を目指すなら、学科と教習を合わせると、第1段階で3~5コマ、第2段階で5~7コマを毎日受講することになります。それでも9割程度の方は、このスケジュールに合わせて、最短期間で卒業できています。

教習期間が延びた方のケースを見ると、体調不良などどうしても避けられない事情があった場合を除けば、遅刻・勘違いなどで教習を消化できなかった場合など、自分で回避できるケースばかりです。

技能検定や学科試験なども、合格率はほぼ100%に近く、よほどの勉強不足や技能不足でもない限り、落ちるということは見られません。再検定や再試験はむしろまれなケースといえます。

10人の方が合宿免許に申し込んだなら、AT車なら9人、MT車なら8~9人の方が最短期間で卒業できており、期間が延びた方は10人中1人か2人という確率です。卒業時期が延びた方がゼロとはいえませんが、最短期間で卒業できるのは極めて高い確率だといえます。

タイトルとURLをコピーしました