合宿免許が安い時期や県を狙おう

合宿免許は安い時期と安くない時期があります。また、地域によっても異なり、安い県で申し込むこともおすすめできます。同じ合宿免許を受けるなら、少しでも安いプランでお得に受けたいものです。

一般に合宿免許の料金は、普通車ATの場合、20~25万円が平均的だといえます。ただし、申し込む時期やプランによっては25~30万円という料金も少なくありません。その一方で、20万円を切って10万円台という非常に安いプランも数多く見られます。

合宿免許は、一般的な通学制の自動車学校(教習所)よりは明らかに安いといえます。ここでは、合宿免許が安い理由を踏まえ、申込みが殺到する夏休みでも安いところを探すコツや、一般的に安い時期や安い県を取り上げます。

合宿免許が安い理由

例えば、合宿免許で20万円のプランがあったとしたら、同じ内容の教習を通学の自動車学校(教習所)で受けようとすると30万円かかります。合宿免許は通学の教習所に比べて明らかに安いのですが、それは一体なぜでしょうか?

1つには、合宿免許ならスケジュールに無駄がなく、教習所が管理しやすい点が挙げられます。通学の自動車学校であれば、教習が非常に混み合う時間帯に合わせて教官や車両を確保する必要がありますが、空いている時間帯にもそれだけのコストを維持する必要があります。

また、通学制の教習所では、せっかく受け付けた教習の予約もキャンセルされる可能性があります。このように通学制の自動車教習では、せっかく確保したスケジュール管理も無駄になり、余計なコストがかかるため、結果的に教習料金に反映されてしまいます。

その一方、合宿免許であれば、あらかじめ教習所が設定したスケジュール通りに教習を受けてもらうことが前提です。このため、教官や車両も安定した見通しのもとで確保しておけば良く、無駄な費用がかからないため、結果として料金も安く抑えられます。

合宿免許が安い2つ目の理由としては、生徒の回転率が高く、1人あたりの教習が短期間で済むことです。無駄な期間が無く、生徒を次々と受け入れられるため、利益率が上がり、料金を安くすることができます。

3つ目の理由としては、合宿免許を行う教習所の多くは、都市部から離れた郊外など地方に立地している点です。合宿免許の宿泊費や、さまざまな施設、車両、設備、備品、食事代などの調達費用や維持コストを抑えることができます。

このように、合宿免許が安い理由は、少しでも無駄をなくして効率よく生徒を受け入れる企業努力という側面と、主に地方に立地して価格面での優位性を保っているからだといえます。合宿免許は、安くても安心して受けられる自動車教習のスタイルといえます。

合宿免許は夏休みでも安い?

合宿免許は、夏休みと春休みには安くなりにくい傾向があります。ここでいうところの夏休み・春休みとは、大学生、短大生、高校生、専門学校生など、運転免許の需要が高い学生を踏まえた時期のことです。

夏休みという場合、主に7~9月、特に早いところでは6月半ば過ぎから9月前半まで、合宿免許の申込みが殺到する時期です。春休みという場合、主に3月ですが、早いところでは年明けから申し込みが増えてきますし、2~3月がピークといえます。

自動車学校(教習所)からしてみれば、お客さんである生徒が増える夏休みや春休みに、あえて料金を安くする必要はありません。むしろ、多少高くても申し込むひとの数が増える時期であり、結果として合宿免許が安くなりにくい時期となります。

合宿免許を夏休みに安く受けようと思ったら、各種割引が受けられたり、教習期間が延びてしまった場合の追加費用がかからない教習所を選んだり、食事なしの自炊プラン、友達同士で相部屋あるいはグループで部屋を借りるプランを検討することがおすすめです。

合宿免許の割引制度には早割、学割、グループ割、女性割などがあります。また、食事のあり・無しや、1人部屋・相部屋・グループなど部屋次第でも料金が安くなります。こうした合宿免許を少しでも安く抑えられるコツについて、のちほど詳しく説明します。

合宿免許が安い時期や県を狙おう

合宿免許は、安い時期や安い県を狙うのもおすすめです。このうち安い時期に関しては、夏休みや春休みを除いた時期、特に4~5月や10月~11月はとても安い時期だといえます。この時期は、10万円台で済むという格安キャンペーンが非常に多く見られます。

合宿免許が安い県については、ほとんどの教習所では、自宅から学校までの往復交通費を支給してくれるため、多少遠い県でもおすすめできます(※指定された交通機関・経路の利用や支給上限を設けるなど、支給条件を設ける教習所が多いです)。東日本の方であれば、山梨、長野、山形、青森など、関西や東海の方であれば福井、三重、岐阜、滋賀などがおすすめです。

また、中四国の方なら鳥取、島根、高知、九州の方なら大分、宮崎、佐賀などがおすすめです。合宿免許が安い県というのは、やはり運営コストが安く済む地方に立地した教習所が多いといえます。

合宿免許を少しでも安くするには

合宿免許を少しでも安くするには、早期に予約を取る早割、グループで予約を取るグループ割、学生の方の学割、女性向けの女性割など、さまざまな割引を利用し、これらを併用できる教習所を選ぶことです。

また、合宿免許は1日3食の食事付きではなく、食事なしで自分で料理する自炊プランを選ぶことも、料金を安く抑えることにつながります。宿泊先の部屋に関しても、シングルより相部屋やグループで共有するほうが安くつくため、友だち同士で申し込むこともおすすめです。

このほか、すでに自動二輪の免許を持っている方であれば、合宿免許で普通車の教習を受ける際に割引が受けられる教習所も数多くあります。閑散期のキャンペーン料金を狙う手もありますし、あらかじめ指定された入校日限定の格安プランというものもあります。

このように、同じ合宿免許であっても、申し込む時期や県によっても料金を安く抑えられる方法がたくさんあります。もちろん、多くの教習所が登録する情報サイトでは、Web割も受けることができます。

タイトルとURLをコピーしました